NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター





     |お問い合わせ | 団体概要 |    
NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター 体験プログラム 地域との協働 ねっこ教育とは? スタッフ紹介 アクセス 受賞歴・マスコミ掲載
ホーム / 体験プログラム / 暮らしのカフェ『 いただきました 』
暮らしのカフェ いただきました

暮らしのカフェ いただきました。

やすおか村の地野菜をたっぷり使って、ここでしか食べられないイタリアンと信州の素朴な田舎料理をコラボさせた創作料理を提供します。
採りたての新鮮な野菜を味わい、感動してほしいために予約のみ受け付けでOPENしております。



南信州ではご飯の後に「ごちそうさまでした」ではなく「いただきました」と言います。
ご飯を作った人と「食材の命」に対して感謝を表す言葉として受け継がれています。今の時代どこにでも食材があり、住まいもエネルギーもあふれています。
便利な当たり前の暮らしに目を向け、あらためて感謝の気持ちを持とうというメッセージが込められています。




ありがとうを学ぶ こども食育教室

食べ物で唯一生き物ではないものがあります。それは「塩」です。塩以外は全て生き物。私たちは生き物の命を食べて生きているのです。
私たちの食育教室は包丁の切り方から学べ、料理のタノシサや奥深さ、食事への感謝を学べる教室です。
毎日のご飯にありがとうと感じるこどもを育てたいと考え、開催しています。


料理教室 開催スケジュール



 
お子さんが楽しく料理を作るために研ぎ方の基本を学びましょう。包丁の使い方、小刀、ナタ、オノについても親子で学べる!!
⇒ コチラ
はじめての包丁と刃もの
パパ、ママのための癒しのコミュニティ

オイシイ料理を楽しみながら、子育てやこどもの教育についておしゃべりする場。忙しい毎日ですが、大人のココロのゆとりがこどもを成長させます。
お昼はランチ、夜はカクテルも楽しめるバーになります。

木の箸、木のスプーンづくりを楽しむ

信州の木材を利用して、木の箸づくりや木のスプーンづくりを体験できます。間伐材を使用することで信州の森の循環を促したい。
また、家族が手づくりの暮らしを楽しむことで自然に感謝するココロを育めると考えています。

自然エネルギーの活用

暖をとるのは薪ストーブ。そして太陽光と風力エネルギーシステムを組み、独立電源を確保しています。万が一の災害時に自然エネルギーで電力を確保できます。
エネルギーも地産地消で感謝を感じることができます。


つぅ私はこどもの頃からグリーンウッドの山賊キャンプに参加していました。大人になってもボランティアとして関わってきました。
横浜でイタリアンレストランのオーナーを務めていましたが、日々たくさんの料理を作っても食べ残しが生じ残飯はゴミとなる。それが本当に良いことなのかを考えていました。
料理の本質とは、食べ物の命をいただき感謝して生きていくことです。そして美味しい料理を食べて幸せを感じること。
私はこどもたちに料理は消費するものではなく感謝するものであることを伝えたいと思い、泰阜村に来て暮らしのカフェを運営しています。
やすおかの新鮮な地野菜を使った、ここでしか食べられないイタリアン料理を味わっていただき、食べ終えた際には「いただきました」と言っていただければ幸いです。



ご予約はこちらから

NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター内  暮らしのカフェ 『 いただきました 』

TEL:0260-25-2851    FAX:0260-25-2850

※ 一週間前までにご予約ください。
※ 日程、人数、ご連絡先、担当者様をお知らせください。
※ ゴールデンウィーク期間中、夏季・冬季のこども山賊キャンプ期間中、または暮らしの学校だいだらぼっちの行事がある際はご予約を受け付けかねます。
  ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。



NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

  >個人情報保護方針について
Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved