山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち>だいだらぼっちで大切にしていること

山村留学・だいだらぼっち

     だいだらぼっちで大切にしていること     

人間の土台をつくる “暮らしから学ぶ ねっこ教育”

     

ねっこ教育とは
 環境破壊、食糧問題、戦争など今の地球規模での課題は山積みです。また、ニート・フリーターの増加、大人の倫理観が問われる時代にもなりました。このような社会で、今のこどもたちに本当に必要な力はなんでしょうか。それは、自らの力で人生を切り開く力であり、自分たちで社会をつくりあげる力です。こどもたちが同一の価値観ではなく、多様な価値観を持つことが未来をつくることにつながります。そのために必要なのは、人間の土台となる3つの心を育むこと。これを人間の土台をつくる「ねっこ教育」と言います。

〜3つの根っことは何か?〜
 未来をつくる人になるために必要な3つの心

感じる心
楽しむ心
生み出す心

 どんな立派に葉を茂らせている木でも根っこが弱ければ、嵐や災害で倒れてしまいます。昨今は、スキルやテクニックの力ばかりを伸ばしている風潮はないでしょうか。学力があっても自立できない。体力、行動力、段取り力など身に付けても、その力を人のために使うのか、それとも・・・。身に付けた力を発揮するには、正しく使うための心が必要です。
 こどもたちの人生も親から手を離れ、1人で船出をするためには、太く、長い丈夫な根っこを持つことが大切です。しっかり育った根っこの分だけ、木は枝を伸ばし、葉を茂らせ、実を生らせます。人生を生み出していくこと、身に付けた力を社会のために使うこと。それには、「感じる心」、「楽しむ心」、「生み出す心」が必要なのです。


感じる心
 人や自然から様々なものを感じ取る力。それが感性です。
感性を育てることは、愛情を育て、他者や物に対してもやさしさや慈しむ心を持つ土台となります。
だいだらぼっちの生活は山から薪をもらい、田畑を耕し、土を練って焼き物を作る、自然とつながる暮らしです。
 そんな中で自然とつながり、生かされている自分を感じていきます。
 また他者の気持ちを感じる心は思いやりを育て、社会のおきてを知る土台となります。こどもは自分の主張を押し付け、なんでも自分の思い通りにしたがるものです。しかし、だいだらぼっちの共同生活を通じ、ぶつかり合いや助け合い、支えて合いを学びます。自分と違う価値観や、自分の過ちを知り、そして日常からは支えあいややさしさを知り、他者や社会と関わりながら生きるための大切な心を育てます。

楽しむ心
 どんなことも楽しむ心は前向きな力を育てます。
だいだらぼっちでは毎日の食事作りやお風呂焚き、それに伴う作業など大変なことがたくさんあります。
 その時だいだらぼっちのこどもたちは、「どうやったら楽しくできるか?」を考えます。時に薪割りでどれだけ多く割れるかを競争したり、しりとりをしながら薪を運んだり、苦しさを楽しさに変えていきます。またそうするうちに苦労を乗り越えることが、本当の楽しみだと気づくのです。
 時に失敗することもあります。しかし失敗は成功するための過程であり、失敗があるからこそ、成功することが真の喜びであり、楽しみとなるのです。トライ&エラーを繰り返し、失敗への耐性を身につけ、乗り越える楽しさを知ること。こども時代の失敗だけが未来の大きな壁を乗り越えるための原動力となりうるのです。

生み出す心
遊びや楽しみもゲームやインターネットなど与えられることが多く、
時に人生の節目となる学校や就職すら周囲の多大なサポートなしでは達成できない現代社会。自分の人生を自分が主人公となり歩むためには、自ら創り出す力が必要です。
だいだらぼっちの一年間の予定は全くの白紙からスタートします。
そこにやらなければならない仕事(薪作業や田んぼ、畑など暮らしを支えること)、やりたいことを書き入れていきます。こどもの「やりたい」と思う気持ちは前向きなパワーとなり、自らの「夢」を生み出します。そして自ら生み出したものには「責任」も伴います。「夢」はこどもの心の活力となり、「責任」はやりとげるための自らのチャレンジにつながります。

どのようにしてねっこを育てるのか
 ねっこ教育の効果


* 資料請求・お問い合わせ *

〒399-1801  長野県下伊那郡泰阜村6342-2
暮らしの学校「だいだらぼっち」 担当:沖田友美
TEL:0260−25−2851  FAX:0260−25−2850
e-mail:daidara-info@greenwood.or.jp  
 

Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。