山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2017年だいだらぼっち 日々の様子> 7月2週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 7月第2週 ・ 7/10〜7/16 >

ねむが料理をしています。メニューは回鍋肉です。最近みんなに「おいしい!」と評判でごはん隊に入る度に、作ってめきめきと腕を上げています。「夏休みに帰ったら家でも作るんだ」と張り切っています。
こちらは初チャレンジお好み焼です。一枚一枚丁寧に焼いています。ひっくり返すのが難しいですが、そこはだいだらぼっちの本領発揮、一度に20枚ほど作るので、どんどんうまくなります。
今週も田んぼの草取り、かいはラストスパートで稲の間を猛ダッシュ!楽しみながら雑草を一掃します。
草取りが終われば川遊び!しっかり働いて綺麗な川で遊ぶ。暑い夏はこれが最高なんです。
今回の川遊びにはお楽しみが、近所のおじいちゃんからもらっていたキュウリを川で冷やしていたのです。冷たくなったキュウリをおやつ代わりにいただきます。
マイ食器づくりも大詰めです。今まで作った食器に釉薬という灰からできた液につけて焼き物の色を決めます。慎重に完成を思い描きながらつけていきます。
釉がけが終わった作品は、最後の本焼きをする窯に詰めていきます。他の人の作品も触るので、指先に神経を集中して作業します。
1学期もあともう少し、キャンプのこどもたちも来るので、母屋前の薪もしっかりと片づけて帰ります。薪割りも様になってきました。
なかなかオノでも割れない時は、クサビの出番。木の繊維を呼んでクサビを打ち込んでいきます。なかなかテクニックがいるんです。
こちらは、窯焚きのレクチャーです。17時間ほどかかる本焼きもローテーションを組んでこどもたちで焚いていきます。みんな真剣な面持ちです。
もーりぃ <もーりぃのコメント>
一学期もあともう少し、走るように過ぎてきた4か月でした、もちろん上手くいかないこともできないこともたくさんありました。だからこそ、一区切りのこの時期は、しっかりと落ち着いて、片づけや、気持ちに整理をつけます。ゆっくり考えたり、作業をしているとこどもたちが4月からの変化に気が付きます。「薪割りは俺に任せとけ」4月初めてチャレンジしたこどもが言います。「おいしいごはん期待してね」危なっかしく包丁を使っていたこどもが言います。「お互いに意見をいいあえよ!熱くなってたら解決できない!」一番喧嘩っ早い子が言います。まだまだできないことだらけ、でもできるようになったことを数えながら、少しずつ暮らしていけばいい。そう思った1週間でした。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。