山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2017年だいだらぼっち 日々の様子> 5月2週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第2週 ・ 5/8〜5/14 >

ねむは風呂焚きに挑戦しています。うまくいきそう?ときくと、「たぶん大丈夫だとは思うんだけど…」とまだちょっぴり不安そう。大丈夫、最初から上手に焚ける人は誰もいないよ!やればやっただけ上手になるよ!
相談員のいとの誕生日になおくんがケーキを焼きました。「ケーキ作りならまかせて!」と言ってのけるほど自信のあるなおくん。その言葉通り、見事なケーキができました!おいしそうですね!
この日は久しぶりに大雨。外で遊ぶのは難しいけれど、遊びたい欲求は消せません!ということで始まった卓球。机を卓球台にして大盛り上がりでした!
だいだらぼっちの様子などを保護者やOB・OGに伝えるものとして「だいだらぼっち通信」というものがあります。もちろん内容を考えるのも印刷も発送もこどもたちで行います。今日は印刷の日、印刷機とのコンビネーションもバッチリです!
今日は継続メンバーから新規メンバーへ小刀の使い方をレクチャーしています。基本的な扱い方、何が危険なのかなど、先日の薪割り同様こどもからこどもへ引き継いでいきます。教える方も教わる方も真剣です。
そのレクチャーを受けて、木工を始めるこどもたちがたくさん!みんな楽しそうに木を削っています。
どうみても太くて使いにくいのではないかと思うのですが、たーちはこの自作のお箸が大のお気に入り。手をかけた分、愛着が湧くのでしょうね。自分で使うものを自分で作る。これぞだいだらぼっちのものづくりの基本なのです。
さらとにこは二人でおやつにスコーンをつくりました。思っていたよりも上手にできたようで、みんなからの評判は上々。作ってもらったみんなは美味しいおやつが食べられて満足。作った二人も「おいしい!」と言われ、この笑顔!みんなが幸せになれるおやつでした。
この日は、村の公園まで木をいただきに行きました。倒したばかりの木はとても重たく、一人では持てない木もたくさん!そんな時はこうして力を合わせて運びます。
みんなの知恵と力を結集すれば、こんなに大きな木も運ぶことができるのです!人の力ってすごい!
みけ <みけのコメント>
今週、継続メンバーから新規メンバーに行った「刃物レクチャー」の中で、とても印象的な言葉がありました。「刃物を使わせてもらえるってことは、僕たちはそれだけ信頼されているってことなんだよ。だから、その信頼を裏切るような使い方はしちゃいけないんだ。」小学5年生のなおくんは昨年度は最年少でした。その彼の口から、素直に出てきたその言葉にとても感動しました。こどもたちが暮らしをまわしていくことは、言うほど簡単ではありません。気持ちはあっても実が伴わないことはしょっちゅうあります。それでも、このだいだらぼっちで暮らしをつくってきたこどもたちは、大切なことが何かということをちゃんとわかっているのですね。この言葉を聞けたことでわたしたちもなんだかパワーをもらえた、うれしい瞬間でした。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。